So-net無料ブログ作成

つんくさん、声帯摘出

スポンサードリンク




昨日のことですが、衝撃的なニュースを知ることになりました。
シャ乱Qのつんくさんが声帯がんのため、昨年10月に声帯摘出手術を受けたことが明らかになりました。
シャ乱Qと言えば、ズルい女やシングルベッドなどのヒット曲で知られていますね。

近畿大学での入学式にサプライズとして登場されたつんくさん。
入学祝辞を読まれるかと思いきや、字幕が流れるという現実に学生さんもアレ?と思われたことでしょう。

字幕を読むと・・・声帯摘出で声を失ったという信じられない現実を知る学生さん。

あの元気で面白いトークとそしてあの歌も聴けなくなるのは辛いことです。悲しいことです。

それ以上に、命の存続のために摘出するしかなかったという苦渋の選択をしたつんくさんはもっと辛いでしょう。
そしてボーカリストとして・・・本当に辛いことですね。

ステージに立って歌うとこはもう難しいかもしれませんが、ミュージシャンのままいて欲しいですね。
シャ乱Qはやっぱりつんくさんがいないと・・・ですから。


こうして声帯摘出にて声を失う患者さんは毎年いるそうです。
声が出ないと日常生活にも支障をきたします。

でも、食道発声にて声を出すことも訓練次第で可能のようです。
げっぷの要領で食道を振るわせることで発声する方法です。
げっぷは胃に入った空気を吐き出す行為で、その時にげっぷの音として出ています。
それを応用した発声法ですね。
相当な訓練が必要ですが、これを習得してほしいなと個人的に思っています。

つんくさん、頑張ってください!応援しています!


スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。