So-net無料ブログ作成

映画「ボヘミアン・ラプソディ」世代を問わず絶好調! [音楽]

スポンサードリンク




映画「ボヘミアン・ラプソディ」が絶賛上映中!
ロックバンド「クイーン」のメインボーカル「フレディ・マーキュリー」を主題とした映画です。

若い方は「クイーン」は知らないかもしれないですね…
ボーカルやサウンドを重ねることが特徴的なバンドです。
聞く人によっては「やり過ぎじゃない?」などど嫌悪感も感じるかもしれませんね…

メインボーカルは「フレディ・マーキュリー」という方です。
ちょびヒゲとピチピチのパンツが印象的です。

彼は1991年にエイズで亡くなっています。45歳という若さです。
彼は同性愛者でしたので、それが根本の原因だと思います。
関係ないですが、ミュージシャンには同性愛者は結構いますね…
「エルトン・ジョン」やWHAM!(ワム)の「ジョージ・マイケル」もそうですね…


若くして亡くなっていますので、伝説になりつつありますね。
エルビスプレスリーや日本だと尾崎豊なども若くして亡くなっていますのでもう伝説ですね。

そんな彼の生涯を主題とした映画が「ボヘミアン・ラプソディ」です。
ちなみにクイーンには「ボヘミアン・ラプソディ」という有名な曲があります。

世代的には50代くらいが若い頃聴いていたという世代だと思います。

私はその世代よりは若い世代ですが、小学生の頃から洋楽は聴いていますが、オンタイムでクイーンを聴いたのは「RADIO GA GA」(レディオ・ガ・ガ)くらいかな…
(「レディー・ガガ」の名の由来になっています。)
でも私の同世代はオンタイムではほとんど知らないと思います。

そんな「フレディ・マーキュリー」の映画が世代を問わず絶好調とのこと。
若い世代にも訴えるものがあるんだなと思います。
しかもリピートで観ているとのこと。
私も観たいですね。


若い世代でもクイーンを聴いている方を見ると嬉しいですね。
やっぱり評価されているんだなと感じます。

フレディ・マーキュリーはソロとしても活躍していました。
有名なのは「バルセロナオリンピック」の主題歌を歌ったことですね。
でも彼の死により実際はレコーディングのみになり、オリンピック開会式ではオペラ歌手のホセ・カレーラスが代役で歌っています。
(カレーラスが代役って…どんだけって感じです。)
(私はオペラも好きですが、カレーラスはかつての3大テノールのうちの一人ですよ…)

「フレディ・マーキュリー」のソロアルバムは「Mr.BAD GUY」の一枚だけですね。
私はオンタイムでレコードで買いました。
クイーンとはだいぶ違った感じの音楽になっています。
今ではかなり価値のあるレコードです。中古でもほとんど売ってないと思います。
CDもひょっとしたら廃番になっているかもしれないですが、良いアルバムです。

有名な「I was born to love you」は今ではクイーンの曲と認識されていますが、
もともとソロでの曲です。
このアルバムにも収録されています。

クイーンと合わせて一度は聴いてみてください。
良いアルバムになってますよ~


DSC2252.jpg




スポンサードリンク



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。