So-net無料ブログ作成

「プロ野球戦力外通告】を見て… [スポーツ]

スポンサードリンク




毎年この季節になると必ず見るテレビ番組があります。

それは【プロ野球戦力外通告】という番組です。
元少年隊の東山紀之さんがナレーションされている番組です。

その番組内容は…
戦力外通告を受けた選手らが再びプロ野球選手になることを夢見て、スカウトらの前でシートバッティング形式でテスト【トライアウト】を受けるというもので、今回は元ヤクルトの古野投手、元ソフトバンクの城所選手を中心に取り上げられていました。

今年は11月13日に福岡県の【タマホームスタジアム筑後】で行われました。

トライアウトは投手は打者3人を相手に勝負し、打者は投手5人と勝負します。

トライアウト.jpg


見た感想ですが、
2選手ともまだできる…十分できる…

私も野球は学生時代に経験しているので、ずぶの素人ではありませんが、ホントもったいない…

古野投手はストレートとともに多彩な変化球も投げられる投手で、2016年の試合の守備中に亜脱臼を負ってしまい、ここ2年間はまともに投げられませんでした。
多分それが原因で戦力外通告を受けてしまったのでしょう…

城所選手は守備と盗塁のスペシャリストで、トライアウトの時も盗塁を決めていました。打撃もヒットを2本打っていました。

しかし結果的に2選手ともプロ野球チームからは声がかからず、プロ野球選手を引退し、新しい道を歩むことになりました。
改めてプロの厳しさを感じます。

古野投手は阪神タイガースと打撃投手契約を結ばれました。
城所選手はソフトバンク球団傘下の少年野球チームの指導者に就任することが決まりました。

でも二人とも野球に携わることができて幸せだと思います。しかもプロ野球チーム関係ですから。

打撃投手は働きが認められれば球団内で将来的にコーチやスカウトなどの仕事もできる可能性も出てきます。
ただ打撃投手は【打者に打たれるのが仕事】になります。
また肩の負担も大きく、肩も酷使することになります。いかに自分のケアをしていくかも大切になってきます。
給与は悪くないです。サラリーマン以上もらえる場合がほとんどです。中には1000万円をもらう方も…

城所選手は少年たちを指導して、プロ野球を生み出すために貢献するお仕事です。
こちらもやりがいはありますね。
自分が育てたプロ野球選手。嬉しいですよね。

2人の今後のご活躍を応援します!


スポンサードリンク



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。